お茶の中でも意外と味がマイルドになるとされているのが

緑茶は特に子どもがあまり飲まない飲み物です。身体によいのですが苦味がそこそこあるからです。しかし、これは改善することができる方法があります。まず、緑茶製造の中の一つに、蒸すことがあります。これによって、苦味が緩和できるようになっています。そもそも普通の緑茶でもそれなりに蒸すことになります。通常それは30秒から40秒くらいになりますが、これによって味がはっきりとするのですが多くやりますと今度は逆に味がマイルドになってしまう、という特徴があります。1分以上蒸すことによって、これは深蒸しと呼ばれるようになります。これが深蒸茶であり、水出し茶などによく使われることになります。要するに苦味が出にくいから漬けておくことが可能であるからです。こうしたお茶がある、ということは知っておきましょう。味がマイルドになる、ということだけでも十分に飲むことがしやすくなりますし、子どもにもお勧めできるようになるでしょう。