子供の足の裏に出来た傷の原因は飼い猫だったようです

朝、靴を履こうとした子供が何やら足の裏を痛がって泣いているので見てみると小さな傷跡がありました。普通に歩いていると当たらない部分で靴を履くときに当たって本人も気づいたようなんです。普段から幼稚園とかで裸足で遊ぶ子だからその時にケガしたんだろうと何とか言いくるめて幼稚園に行かせました。
が、昼過ぎ、飼い猫が昼寝をしている姿を見てふと昨夜の事を思い出しました。普段は私の枕元に寝る猫なんだけど、昨夜は風が通って涼しい足元の方に寝ていたんです。私も気づかなかったけど。その猫が何故か夜中に活発になり、私の足をガブガブして痛みで目が覚めた昨夜。とりあえず、猫の方から体を移動させてまた寝たんですが、恐らくは寝相が悪くよく動く子供の足もガブリと噛んでたようなんですね。子供の足の裏の傷は猫が原因でした。
猫にも悪気がなかったと思うけど、何だか子供に申し訳ない気持ちでいっぱいです。遊び中のケガは自業自得だよ、みたいなこと言って送り出してしまったので…(-_-;)帰宅後にこの話をするときっと痛みを思い出して泣き出すと思うのでこの事は私の心の中に留めておこうと思いますが。何となくの罪悪感から今日のおやつは子供が大好きなケーキでも容易しておこうかな…。「急に何で?」って聞かれそうだけど(^^;)