横断歩道は歩行者優先というマナーが広がればいい

信号のない横断歩道というのは、歩行者が待っているときには車は止まらなければなりません。
確かそんなようなことを教わった気がするのだが、運転マナーの話だったか、それとも道路交通法の話だったのかは覚えていません。
ただ、後続車の迷惑にならない限り、やはり車は横断歩道の前で止まってあげるべきだと思います。
私はなるべくそういうときには車を停めるように心がけています。
どうしても急ブレーキになってしまうようなときは仕方ないのですが、なるべく横断歩道や横断するのを待っている歩行者を見落とさないようにと気を付けています。
しかし、私がどんなに気を付けていても、対向車のドライバーが同じように思っているかはわかりませんよね。
せっかく私が横断歩道の前で停まっていても、延々と対向車が続いているようではいつまで経っても渡ることができません。
小さな子どもや年配の方は、その様子を見ていると、わりと無理やり横断歩道を渡ろうとしたりすることがあります。
そういうときの事故を防ぐためにも、みんなが停まってあげられるようになればいいのにと、いつも思ってしまいます。ミュゼ 100円 コース