国民のために動いている政治家って、いるのでしょうか?

毎日、テレビや新聞では、選挙の話が、盛んにされていますね。私は、どちらかと言うと、そんな政治の話が好きです。新しい党が出来たり、その党に参加するために、解党したり。それぞれの党が、公約を発表しています。消費税だったり、憲法だったり、原発だったり。いずれも簡単に、実行出来るかどうか、難しい事ですよね。「国民のために」というのは、当然なのですが。どうしても、「第一党になりたいため」に、国民に受ける話をしているような気がします。本当に、国民の為を考えている議員さんは、どれくらいいらっしゃるのでしょう。いつも議員さんから、握手を求めるのは、選挙の時だけではないでしょうか。 一旦、当選してしまったら、どこを向いて話しているのでしょうか。当選したいから、人気のある党に移動するとか。なんだか、本当に信頼する議員さんて、どなたなんでしょうか。国民の方に向いている議員さんて、いるのでしょうか。国民のために動いている議員さんが、数多く居て欲しいと思いながら、テレビ見てます。

こんなサービス使わないだろうと思っても、いざとなったら使うかもしれないので要注意

高齢者への食事の宅配サービスっていまけっこういろいろな企業が参入しているようですね。
コンビニやファミレスなんかも。
1食500円以上がポピュラーでしょうか。
主婦的には500円でも高いなあと思ってしまいます。
私の母や身近な高齢者は、だれも宅配サービスなんて使ってません。
やっぱり自炊してますね。
私も高齢者になったって自炊はやめないと思います。
ただ…本当に宅配サービス使わないかというと、それはわかりません。
正直、どんな持病が発生するかわかりませんから。
足腰が不自由になれば、買い物もままならないでしょう。
手にしびれがきて包丁も満足に握れなくなれば、お料理できなくなってしまうかも。
そうなったらやっぱり宅配に頼らざるをえないと思うのです。
節約のためになにがなんでも使わない!と考えをこりかためてしまうのではなく、いざというときのためにこういうサービスの内容や金額はしっかり把握し、備えておくことも大切だと考えています。