アナログからデジタルに目まぐるしい時代でした

持論ですが、世代はめぐります。今の高校生のおじいちゃん、おばあちゃんは、戦前の生まれの方が多いです。戦争の怖さを子供のころに体験しています。実際、攻撃されて助かった方もいる出よう。高校生の親たちは、テレビの映像でも、終戦記念日、広島長崎のこと、親から、祖父母からのお話。実際、親の祖父の方は、戦争に行かれた方なのです。行かれて、家には帰ってこなかった。そんな苦しい話も、東京から、農作物を買いに来られた話など、戦争がらみの話を子供のころに聞いてきた世代です。さらに、大人になると、バブルとなり、これも経験したことのない事態になり、それが当たり前と過ごし。失われた20年に突入し、デフレ。インターネットによるデジタル社会。何が何だかわからないまま、大人として過ごしてきたのです。
ただし、詰め込み教育なので、ある程度は、学力もあるのです。めちゃイケを見ていても、そこまで、学力の低い人もこの世代には少ないのです。

漫画の実写化は嫌いだけどこれは面白い!再現率の高さが話題に!

漫画の実写化は反対派の私ですが、ネットでの評価が非常に高いと聞いて、気になっているドラマがあります。
それは「僕たちがやりました」です。
初めてタイトルを聞いたとき、珍しいなと感じました。
普通こういう犯罪系のドラマは「私はやっていない」と免罪を請うパターンが多い印象だったからです。
最初に「自分がやった」と罪を認めていて、今後どう展開させていくのかすごく惹かれるタイトルだと思いました。
このドラマの原作を私は知らないのですが、SNSなどを見ると再現率が非常に高いと話題になっていました。
実際に1話2話と視聴して、罪に怯え日常を失っていく少年たちの姿がリアルでとてもひきこまれました。
ぜひ原作も読んでみたいと思いました。
実写化反対派ですが、気に入ったドラマの原作はすぐに読みたくなる派です。
ドラマの結末が気になれば気になるほど、原作がほしくなります。
全9巻とのことだったので、ドラマが終わる前に軽率に原作を買い揃えてしまいそうです。

名古屋で、おすすめの飲食店を紹介します。

名古屋で、おすすめの飲食店を紹介します。
大名古屋ビルヂングのB1Fにある、E・A・T・AOYAMA(イーエーティーアオヤマ)というお店は、ハンバーガーのおいしいお店です。
ロサンゼルス・タイムズでLAのトップ10シェフに選ばれた事のあるシェフが手がけるハンバーガーがいただけるお店だそうです。
EATバーガー(1200円)は、和牛100%のパテと野菜の食感が、デミグラスソースの旨みとよく合いおいしかったです。
その他、全メニューがテイクアウト可能のお店でした。
大名古屋ビルヂングの2Fにある、YURT(ユルト)というお店は、神戸で人気のカフェだそうです。
店内は、木の温かみが感じられる、落ち着いた雰囲気で、ゆったりくつろげる雰囲気のお店でした。
キャラメルバナバのパンケーキ(950円)は、パンケーキの生地の旨みが、キャラメルソースの旨みとよく合いおいしかったです。
また、オリジナルブレンドコーヒー(520円ほどだったと思います。)も、コクがありおいしかったです。

赤本は早めに購入した方がいいスタートを切れる。

志望校に合格するために直前の力試しとして志望校の過去問は役に立つ。出来れば、夏休みに入る前に過去問を買って取り組んだ方がいいと思う。本当の直前になって過去問を解いていると、直前になって新しい問題を発見することになり、パニックになってしまう可能性があるからです。それでは完全なる作戦負け10か月の努力が無駄になります。だから、過去問が発売されたらなるべく早く購入する事。確か6月ぐらいから販売されていた気がするのでそこから手に入れるとパワーになる。5月のゴールデンウィークが空けてまだやる気が出なかったとしても志望校の赤本を飾っておくだけでもやる気が湧いてくるものだ。もちろん教科によっては黒本を一緒に購入することを勧めます。問題は同じでも解説の詳しさが違う。過去問はある程度学習が終わっている、知識が頭に入っている人向けであり、知識がまばら、極端に苦手な分野に対しては黒本を活用することで知識の補てん、本当の意味での理解を助けてくれることでしょう。三万円借りたい

従兄弟が入籍・結婚する報告を受けびっくりしています

先日の話になりますが、出稼ぎのために富山県の方に行っている従兄弟がこちらの地元に重要な報告があるので一時的に帰ってきていて、こちらの家にも来てその報告を受けたのですが、なんと長年交際している彼女と入籍・結婚する報告を受けました。

その報告は二人から直接受けた感じであり従兄弟の彼女もこちらの家に挨拶にきておりました。大阪出身の方で優しそうであり家庭的な女性で従兄弟も良いフィアンセを手に入れたなと心の中で思っております。来年2月が挙式のようで自分も披露宴から呼ばれていて、東京と大阪のどっちかで挙式をするようなのですが従兄弟いわく現在調整しているようなので近々連絡するといっておりました。

従兄弟には少し痩せとけとアドバイスをしていたので挙式前までにしっかりと肉体改造できていれば良いのですが、強めにいっておいたのでダイエットとかをはじめるかなと思っています。

それにしてもめでたい報告を受けたのでなんだか凄くほっこりしています。まあるい旬生酵素 体験談

男女関係の国による違いは宗教に左右される場合が多いようです

芸能人の不倫疑惑が政治と同じ扱いで報じられていますが,反響の少ないものはテレビから消えていくのが性なので,不倫ものは国民の高い関心がある話題なのだと感じます。
ゲスとか許せないという反面,関心があるということは人間の潜在的にある願望ではあるのでしょう。
そこでブレーキをかけるかアクセルを吹かすかで分かれていくのでしょうが,本音の部分では不倫願望はかなり多いようで特に女性が増えてきていると,ある記事には書いてありました。
本当に真っ向からそのような願望がない人も大勢いるでしょうから一概に言えませんが,昔から続いてきた女性観とは違ってきているようです。
男性は元々狩猟本能があり男の甲斐性として浮気も半ば容認されていた経緯はありましたが,今は女性の生き方として不倫も認知される世になりつつあります。
この様な男女関係における倫理感というのは国によって本当に差があり,宗教の倫理に基ずくものでもあります。
日本はほぼ無宗教ともいえる現代ですから,節操のない世の中だけにはなって欲しくないものです。

サービスエリアのおいしいものを食べ歩きする

仕事柄高速道路での移動が多いため、サービスエリアで休憩することが多いです。そのため、そのサービスエリア限定のお土産や食堂で食べられるものを探して、人に勧められる「本当においしいもの」を見つけようとしています。テレビで取り上げられるメニューは確かにおいしいのですが、インパクトメインのものが多く、本当においしい食べ物が隠されているように感じます。また期間限定メニューなどもあり、これからは「かき氷」「冷やし中華」などが増えてきます。料金的には値が張るものもありますが、食べる価値があると思うものには惜しみなく出してしまいます。そこは、自分の嗅覚を信じて価値あるものにお金を出すようにしています。最近は、有名店が出張しているパターンもあり、東京で2時間並んで食べるメニューがサービスエリアで並ばず買える、というケースもあります。サービスエリア専用メニューを用意していることも多く、本家に行くよりも手軽においしいものが食べられると思います。おいしいものを食べ、外の良い景色を見る時間はプライスレスです。皆さんもぜひサービスエリアの食べ歩き、やっていただきたいです。http://www.intraligi.net/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0_%E9%87%91%E5%88%A9%E3%81%8C%E5%AE%89%E3%81%84%E3%81%A8%E3%81%93%E3%82%8D%E3%81%AF%EF%BC%9F.php

数年前の写真を見せられてしばし思い出に浸る時間

友達とランチに行きました。
その時にずっと渡そうと思っていたと言って写真を持ってきてくれました。
それは5歳の長男が1歳位の頃の写真です。丁度今の次男と同じ頃の写真でした。
あの当時は仕事と初めての子育てとで慌ただしく毎日を過ごしていました。大変忙しくしていたのでゆっくり子どもの顔を見ていた様で見ていなかったと思います。
写真にはたくさん残っていますが、私の記憶ではもっとスマートな長男でしたが、写真の中の長男はほっぺたが落ちそうな位にふっくらしています。
他のどの写真をみても本当に巨漢です。
よく、大きいねと言われていましたが、正直その時期は実感がありませんでした。しかし、今になってゆっくりみてみると本当に大きいです。
大きい次男よりも大きいので本当に大きかったのだと思います。
数年前の写真でさえも懐かしむ事が出来ました。このまますくすく大きくなった時には今のこの時期をホントに懐かしむ頃が来るんだろうなと思います。
可愛くて忘れる物か!と思っていますが、人の記憶と言うのは曖昧なものだと実感しました。

コーヒーをやめようと思ったけれど、そう簡単ではない

今日は、久しぶりにコーヒーを飲みました。コーヒーを飲むのは、1週間ぶりだと思います。節約のために、コーヒーを飲まないでおこうと決意していたのに、その決意は1週間で終わってしまいました。
どんなにコーヒーをやめようと決意したとしても、簡単には日常的な習慣にまで定着したコーヒーは簡単にはやめれません。コーヒーの苦味、ホッとする心地は、他の飲料では感じられないからです。
この感覚は、きっと喫煙者やアルコール飲料を飲む人でやめようと思っている人と同じだと思います。やめようと思っても、身体的にも精神的にも依存があり、なかなか意思だけではやめられないのです。
喫煙については、医療の中でも禁煙を援助するサービスがあります。治療として助けが必要なほど、禁煙が難しいことを物語っていると思います。禁煙外来という名称で、禁煙のサポートを専門に行なっている医師までいるほどです。
私のコーヒーについては、誰も助けてくれる人はいないと思います。むしろ、コーヒーは体にいいと言われる人もいます。私がコーヒーをやめたいと思っても、むしろコーヒーは飲んだ方がいいと言う人の方が多いかもしれません。

子供の足の裏に出来た傷の原因は飼い猫だったようです

朝、靴を履こうとした子供が何やら足の裏を痛がって泣いているので見てみると小さな傷跡がありました。普通に歩いていると当たらない部分で靴を履くときに当たって本人も気づいたようなんです。普段から幼稚園とかで裸足で遊ぶ子だからその時にケガしたんだろうと何とか言いくるめて幼稚園に行かせました。
が、昼過ぎ、飼い猫が昼寝をしている姿を見てふと昨夜の事を思い出しました。普段は私の枕元に寝る猫なんだけど、昨夜は風が通って涼しい足元の方に寝ていたんです。私も気づかなかったけど。その猫が何故か夜中に活発になり、私の足をガブガブして痛みで目が覚めた昨夜。とりあえず、猫の方から体を移動させてまた寝たんですが、恐らくは寝相が悪くよく動く子供の足もガブリと噛んでたようなんですね。子供の足の裏の傷は猫が原因でした。
猫にも悪気がなかったと思うけど、何だか子供に申し訳ない気持ちでいっぱいです。遊び中のケガは自業自得だよ、みたいなこと言って送り出してしまったので…(-_-;)帰宅後にこの話をするときっと痛みを思い出して泣き出すと思うのでこの事は私の心の中に留めておこうと思いますが。何となくの罪悪感から今日のおやつは子供が大好きなケーキでも容易しておこうかな…。「急に何で?」って聞かれそうだけど(^^;)